スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
for iPS4HACK User'z iPhone/PSP/海外ゲーム全般 &etx…

eboot_exchange v2.8

今更ですがPSP単体で ISO の EBOOT.BIN を抽出して復号化と書き換えの全てを簡単にできる eboot_exchange v2.8
というアプリを紹介します。

FW 5.55 や 6.00 以上 を要求する UMD の ISO にある EBOOT.BIN をeboot_exchange v2.8を使い復号化して書き換えることにより起動できるようになります。


これにはISOからUMDGENを使って EBOOT.BIN を抽出して5.55 & 6.00 Games Decrypter で復号...などと面倒なことをせずに eboot_exchange により PSP単体で 簡単に ISO の再構築をすることができます。

パソコンの環境によっては UMDGENがうまく動作しないということがあるらしいのでこれは便利ですね。

他にも eboot_exchange は 5.55 & 6.00 Games Decrypter を使わなくても EBOOT.BIN の復号化ができるようになったため ボタンひとつで ISO の EBOOT.BIN を 抽出して復号化と書き換えをすることが可能になりました。

CFW 5.50 GEN-D3 を導入して 破損データ扱いになってしまう セーブデータ を使いたくて 前のーバージョンに戻しても この eboot_exchange を使えば FW 6.00 以上を要求する UMD の ISO を起動することができるといった使い方ができます。

あらかじめ FW 5.55 または FW 6.00 以上 を要求するのUMDのISOorCSO吸出しを メモリースティック の ISO フォルダに入れておいてください。

Vsh Menu の UMD ISO Mode の設定は「M33 Driver」を使用することをお勧めします。

注意:

・大サイズの EBOOT.BIN に対応するためにメモリを限界近くまで確保しています。
・特に PSP-1000 で正常に動作しない場合があるかもしれないようです。
・EBOOT.BIN のサイズに 10MB までの制限があります。
・各種エラー対策は未完成です。
・可能性としては低いですが 復号後のサイズや圧縮後のサイズが元ファイルより大きくなった場合は通常の処理が行えません。(エラー処理や回避処理は未実装です)
・ファイルサイズを保存している部分も変更しているのですが、変更による再圧縮にて保存部分のサイズが大きくなった場合 ファイルサイズは変わらないままとなってしまい、エラーになる可能性もあります(対策もあるのですが処理が煩雑となるため、今回は対処していません)
・修復時にも圧縮率の違いで同一のバイナリにならない可能性があります
・本来予定の FW での動作では無い場合 将来セーブデーターを利用できない可能性がある(例:CFW5.00 M33でセーブ、OFW6.20でのセーブデータ読込みエラー等)

[導入手順]

必要なもの

・CFW 5.00 M33, CFW 5.50 GEN 導入済みの PSP-1000/PSP-2000 または 5.03 GEN for HEN, CFW Enabler が動作可能な PSP-2000/PSP-3000

ツールの導入



1、eboot exchange をダウンロードし解凍します。






2、解凍してできたebt exchange フォルダの中にある ebt exchange フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/フォルダの中にコピーします。


3、これでebt exchangeの導入は完了です。


=ISO の EBOOT.BIN を復号化して上書き=



1、XMB の GAME>メモリースティック から「eboot_exchange ver 2.8」を起動します。



1、L/R ボタン で FW 5.55 または FW 6.00 以上を要求する UMD の ISO ファイルを選択します。

操作方法

L/Rトリガー :ファイルの選択
方向キー ↑↓:ディレクトリの移動
STARTボタン:バックアップモード/パッチモード の切替え
SELECTボタン:ALLモード

※ここで グランツーリスモなどの CFW 5.50 GEN では動作するが 5.00 M33, 5.03 MHU, CFWEnabler, 5.03 GEN for HEN などのバージョンで動作しない UMD の ISO を起動できるようにしたい場合は STARTボタン を押して「NO PATCH MODE → PATCH MODE」に変更してください



2、△ボタンを押すと EBOOT.BIN の抽出とバックアップ そして 復号化と書き換えがはじまします。
   完了すると「EXCHANGE DONE」と表示されるので ×ボタン を押して XMB に戻ります。



あとは XMB の ゲーム>メモリースティック から普通に起動できれば完了です。



これで FW 5.55 や 6.00 以上を要求する UMD の ISO を CFW の PSP で起動することができます。
[ 2010/04/29 22:02 ] PSPフリーソフト | TB(0) | CM(0)
for iPS4HACK User'z iPhone/PSP/海外ゲーム全般 &etx…

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ開始から何日経った?
プロフィール

MAMEZO

Author:MAMEZO

iPS4HACKでは、リポジトリ維持、日本語化作成のため皆様からの寄付を心からお待ちしております。


ようこそ。

基本的に3GSとTouch2Gで実験をして記事を書きます。

大したことでなくてもコメントを頂ければ嬉しいです。

当ブログにWin,Mac,Lin,iTouch,iPhone2g~3gsの不要になったものやジャンク機、中古機の寄付をしてくれる方を募集しています。

何かあれば
Gmail又は
Yahoo!
までメールして下さい。
ある程度までサポートします。
最近記事も読まずに質問して来る人がいますが、記事を読んでいなければ質問に答えないこともあります。マルチで質問しまくった奴はアクセス拒否等の対処をします。

リンクフリーでブロ友募集中です!

※PSP,Wii,DS,XB360に詳しい副管理人募集中です。
気軽にメールして下さい。


知恵袋でも活動しています。
Twitterによくいるので、Twitterで質問もOKです。

高1が4人と中3の1人と謎の人とでやってます。
遙か四川省からも覗いているみたいですね。

詳しいプロフィール

最近の記事+コメント
過去ログ +

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。